最新の音楽情報満載 最新のインテリア情報満載 旅行に役立つ最新情報が満載 映画関連情報館

【百科事典】 ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち とは
『ジョゼと虎と魚たち』(じょぜととらとさかなたち)は、『月刊カドカワ』1984年6月号に発表された田辺聖子の短編小説、またはその作品を含む角川書店刊行の短編集。 足が悪いためにほとんど外出をしたことがないジョゼと、大学を出たばかりの共棲みの管理人・恒夫との純愛を描く、どこかエロティックなラブストーリー。 2003年には妻夫木聡、池脇千鶴主演で映画化された。 あらすじ 足が不自由で、車椅子がないと歩けない。そのため、ほとんど外出したことがなく人形のようになっているジョゼと、大学を出たばかりの共棲みの管理人・恒夫。二人はひょんなことから出会い、お互い惹かれ合っていく。なお、ジョゼの名前の由来は彼女の愛読書フランソワーズ・サガンの登場人物の名前から。 目次 お茶が熱くてのめません うすうす知ってた 恋の棺 それだけのこと 荷造りはもうすませて いけどられて ジョゼと虎と魚たち 男たちはマフィンが嫌い 雪の降るまで 書籍情報: ISBN 4-041314-18-6 映画 犬童一心監督が映画化。

楽天市場の音楽関係商品

楽天市場の音楽関係商品を紹介しています

奇跡のコンピレーションアルバム’100 LOVE SONGS