最新の音楽情報満載 最新のインテリア情報満載 旅行に役立つ最新情報が満載 映画関連情報館

【百科事典】 安達祐実

安達祐実 とは
安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 - )は、日本の女優、タレントである。本名、長谷川 祐実(はせがわ ゆみ)(安達は実父の姓)。 東京都台東区出身。サンミュージックプロダクション所属。 安達有里は実母。元タレントの安達哲朗は実兄、タレントの安達大は異父弟。元夫はお笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤。 0歳時に子育て雑誌でモデルデビューし、後に子役としてCM等で活躍した。子役としてデビューしている為、同年代のタレント達よりはるかに芸歴が長い。本人曰く「ウッチャンナンチャン、TM NETWORKは同期」である。子役時代初期は東京児童劇団、スペースクラフトジュニアに所属していた。 1991年、テレビCM「ハウス食品・咖?(カリー)工房」で注目を集め、「具が大きい」のフレーズは流行語にもなった。以後、女優としての道を歩む。 1994年、テレビドラマ『家なき子』で主人公の相沢すず役を演じ、12歳とは思えない演技力で一躍脚光を浴びる。同作品は最高視聴率37.2%を記録し、すずの台詞である「同情するならカネをくれ」は新語・流行語大賞にも選ばれるなど社会現象となった。

楽天市場の音楽関係商品

楽天市場の音楽関係商品を紹介しています

奇跡のコンピレーションアルバム’100 LOVE SONGS