最新の音楽情報満載 最新のインテリア情報満載 旅行に役立つ最新情報が満載 映画関連情報館

【百科事典】 朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークス とは
朝日杯フューチュリティステークス(あさひはいフューチュリティステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 競走名の「フューチュリティ(Futurity)」は、英語で「未来」「将来」を意味する。 正賞は朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。 欧米では1786年のニューマーケット競馬場(イギリスの旗 イギリス)を皮切りに2歳馬の競走が行われていたが、日本では1946年秋の東京競馬場で初めて3歳(現2歳)馬による競走が行われた。その後も各地の競馬場で3歳(現2歳)馬の競走が行われるようになり、1949年には関東地区の3歳(現2歳)馬チャンピオン決定戦として「朝日杯3歳ステークス(あさひはいさんさいステークス)」が中山競馬場で創設された。以来、2013年まで長らく中山競馬場で行われてきたが、2014年より施行場を阪神競馬場に変更した。競走名は2001年より馬齢表記を国際基準へ改めたことに伴い、現名称に変更された。 創設当初の施行距離は芝1100mで、1959年より芝1200mへの変更を経て、1962年以降は芝1600mで定着している。

楽天市場の音楽関係商品

楽天市場の音楽関係商品を紹介しています

奇跡のコンピレーションアルバム’100 LOVE SONGS